介護リフォーム社長からのメッセージ

リフォームが介護と家族の生活を変えます。
「介護とリフォーム」一見あまり関連性のない言葉に聞こえますが、今後高齢化社会を迎えるにあたり、介護する側、介護される側どちらも、快適で質の高い生活をしていく為に「介護」というものを改めて考えなければならない時代になりました。
経験豊富な専門的アドバイザーが身体状況や家族構成、お住まいを調査し、家族一人一人の毎日の生活をもっと快適に過ごせるようにリフォームいたします。

高齢者が安心して暮らせる住環境づくり 私たちの提案する介護リフォームは、贅沢なものを設置することや、ただ単純に廊下に手すりをつけるということではありません。高齢者一人一人へ安心した日常生活を送っていただくための『住環境』造り、そして、自立支援を目指しています。 介護する人が毎日身体的負担を最大限に軽減するためには、時間や暮らしの変化も重要ですが、住み慣れた自宅の住環境リフォームも解決策のひとつです。 長年住み慣れた我が家にこれからもずっと暮らしていけることはすばらしいことです。しかし、いくら住み慣れた家でも高齢者の身体状況は変化し、住環境を整えることが必要になってきます。家に体を慣れさせるのではなく、これからは体に合った住環境造りをしてみませんか? たとえば、 お風呂に手すりを設置する場合、設置する位置、手すりの長さなどは個人個人の症状によって全く異なってきます。その人に合った手すりでなければ、安心した生活は実現できません。 介護を受ける人の体調や残存能力によって生活動線はさまざまなのです。その体調や残存能力を把握し、動線内にある段差や障害物を取り除き、個人個人に合ったリフォームを提案します。 これが私たちの介護とリフォームを融合させた「介護リフォーム」です。