サイエンスホーム名古屋南店

短工期注文住宅 木の家を建てる名古屋市の工務店 冬頭建設

工期の大幅短縮に成功

日本古来の軸組(在来)工法に独自の施工法を加え、精密な加工方法によって、軸組工法では不可能とされてきた工期の大幅短縮に成功し、コストダウンをはかりました。

それに加え、現在では自社工場をも稼働させ、「仕入れによる中間マージンのカット」、「供給料の確保」、「安定した品質」を可能にし、さらなるコストダウンをはかっております。

こだわる部分は最大限こだわり、ムダはできるだけ省く。そうすることで、良品質低価格の家づくりを実現しています。

工期の短縮のための、こんな工夫

木材にミゾを刻んで組み合わせる軸組工法には、反ったり曲がったりしない高品質の部材が必要とされます。

サイエンスホームでは精度の高いプレカットで加工された集成材を使用して一定レベルの品質を保つことを可能とし、工期の短縮にもつなげています。

また、人が直にふれる頻度の高い建具や床には、高価な無垢材を使用しています。サイエンスホームでは、適材適所で素材を使い分けています。

工期が短縮される事で、当然販売価格を下げる事ができます。必要なところにはこだわった材を使用し、その他の部分はきちんと基準をクリアしつつも安価な材を使用することで、お客様に無駄な費用を使わせません。

夢を叶えるマイホーム。一緒に考え、夢を形にしていきましょう。

集成材とは?

板材や角材を接着剤で接合してつくった木材のこと。欠点を取り除いた天然木を材料として、一定の基準の下、よく乾燥させて使う。そのため建築材料として、品質の均一化がはかれ、強度も高められる。現在の集成材は、日本農林規格(JAS)がその品質の基準を定めている。