サイエンスホーム名古屋南店

安心・安全の制震工法注文住宅 木の家を建てる名古屋市の工務店 冬頭建設

[フレーム×パネル]のハイブリッド構造で進化した耐震性能

サイエンスホームでは、木の軸を組み立てて建物を支える在来軸組工法と、パネルで建物を支えるモノコック工法を組み合わせることで強度を上げ、耐震性能のポテンシャルを引き上げました。
柱や梁、筋交いなどの骨格と、壁や床などの面が一体となって建物を支えるため、地震や台風などで
建物に大きな力がかかっても、その力をバランス良く分散させて逃がすことができ、建物が変形しにくい構造を形成しています。

モノコック工法


建物の重要な接合部分は耐力金物で補強

サイエンスホームの基礎と建物を固定するためのホールダウン金物、柱と土台を平面で補強する平面金物、コーナーを補強するL字金物は耐力金物を使用しています。地震で建物が崩壊するのを防ぐために、耐力金物で建物の重要な接合部分を補強しています。
耐力金物の例