サイエンスホーム名古屋南店

外張り断熱注文住宅 木の家を建てる名古屋市の工務店 冬頭建設

アルミ箔両面貼り不燃発泡断熱材により優れた断熱効果を発揮

家中の隙聞を少なくし、断熱材を使って断熱工事を施すことで、省エネ化と快適性を両立させる高気
密-高断熱住宅。
サイエンスホームでは、遮断性、不燃性、遮水性に優れたアルミ箔両面貼りの高性能断熱材「クランボード」を採用。アルミの遮熱機能と低い熱伝導率で大きな断熱効果を発揮します。

遮熱性・不燃性・遮水性に優れた断熱材「クランボード」

クランボウAPシステムは、構造体の外側をウレタンフォーム「クランボードAPJですっぽりおおい、断熱と気密を同時に施工します。

「クランボードAP」だけの住まいを快適にするアルミ効果

輻射熱対策

「伝導」「対流」「輻射」が熱の伝わりの3要素。
外張断熱材が「伝導」「対流」をさえぎり、アルミ面材が赤外線で伝わる熱の「輻射」をブロックします。

防湿対策

透湿抵抗が極めて高いアルミが優れた防湿効果を発揮します。

意匠性

シルバーホワイト色で全面を覆うため、見た目もあざやかです。

「高気密住宅」「高断熱住宅」の定義

高気密住宅

建具や天井と壁の接合部分のすき間を少なくし、気密性を高め、省エネと快適性を両立させる住宅のこと。
すき聞を減らすことで、熱損失が少なく、冷暖房効率が高い。室内の保温化が図れ、冷暖房用エネルギーの消費を低減し、表面結露を解消するなど、生活環境の快適性を高める。
高気密住宅は、1985年に建設省(現国土交通省)が省エネに配慮した気密性の高い住宅、いわゆる高気密・高断熱住宅の建設を奨励したのを契機に、住宅メーカー各社が力を入れ始めた。

高断熱住宅

家全体に断熱工事を施し、極めて高い断熱性を備え、適度な室温を保つようにした住宅のこと。
冷暖房効率を追求して省エネ化を推し進めるために、十分な断熱施工を施した住宅のことをいうが、そのためには、すき間を減らして熱損失をできるだけ少なくしなければならない。開口部分に気密性の高いサッシを使用したり、パネルとパネルの張り合わせ部分のすき聞をなくす工夫をして、気密性
と断熱性の高い魔法瓶のような住宅にする。
環境への負荷が少ない、室内に湿気を進入させない、家の中の温度差が少ないなどのメリットがある。